http://w-e-s-t-e-r-n-d-i-g-i-t-a-l.com/

カラダ抜毛をする時は、全身の様々な周辺を1回、もしくは2~4回スケールに分けて抜毛を通じて出向く事になります。全身の毛には、分厚くて丈夫なカタチもあれば、細かくて詳しいカタチもありますし、ひいてはある周辺にて毛循環もなる事になります。カラダ抜毛の場合、それらをおんなじペースで脱毛して出向く事になりますから、おんなじ頻度の執刀を通しても、その作用の出方に差が出てくる事になります。ですから、カラダ抜毛を通じて5回程度の執刀で確実な効果が出てくる周辺もあれば、未だ足りないと受取る周辺も出てくる事になります。その為、エンドまでに加わる頻度は周辺を通じてなる事になります。依然として足りないと想う周辺が多い場合、カラダ抜毛の執刀を続け、抜毛の執刀が足りない周辺が減ってきたらスポット抜毛に置き換えるという良いでしょう。
http://w-e-s-t-e-r-n-d-i-g-i-t-a-l.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です